置き換えダイエットをするときは運動しなくても良いの?

新しいダイエット方法が毎年のように話題になりますが、その中でも昔から良く行われている方法で今も変わらず残っているダイエット方法が置き換えダイエットです。

置き換えダイエットは、専用のダイエット食品を使うと簡単に行えます。

誰でも挑戦しやすいという点も選ばれている理由です。

置き換えダイエットは運動しなくて本当に良いの?

置き換えダイエットは運動をしたくない、運動が苦手という人におすすめのダイエット方法です。

他にも短期間で痩せたい人や食事制限が苦手な人、飽きっぽい人にもおすすめです。

運動しなくても痩せられるし、食べたいものを食べても良いなんて夢のようなダイエット方法です。メリットしかないのではないかと感じます。

しかし置き換えダイエットは失敗してしまったという人も多いのが事実です。

また運動を取り入れて成功できたという声もあります。

でも運動はやっぱりしたくない・・という場合、どうすれば置き換えダイエットで成功できるのでしょうか。

置き換えダイエットを運動なしで成功させるコツ

置き換えダイエットは、1日の摂取カロリーを抑えることができる方法になります。

1日の食事で1食だけ置き換えダイエット食品を食べます。摂取カロリーより消費カロリーのほうが多ければ自然に痩せていく事が期待できます。

置き換えダイエット食品は1食100キロカロリーから200キロカロリー前後で作られているものが多いので1食あたり600キロカロリー食べているとして、それを200キロカロリーに減らすことができれば1日400キロカロリーマイナスということになります。

1日400キロカロリー消費しようと思うと体重50キロの人でジョギングを10時間程しなければ消費できません。

これは大変です。筋肉量が多い人はもう少し短い時間で消費できるかもしれませんが、それでも400キロカロリーの消費にはかなり体力と時間が必要です。

置き換えダイエット食品なら効率よくカロリー摂取量をおさえる事ができるので、運動しなくても近づけます。消費カロリーと摂取カロリーのバランスを取りやすくしてくれるのが置き換えダイエット食品です。

運動なしで成功させるには、何を食べるのかという事も考えなければいけません。

もし置き換えダイエット食品を使っているにもかかわらず痩せないとなると、摂取カロリーが上回っている可能性があります。食べているものを見直して調整が必要です。

それができない場合は消費カロリーを増やすために運動を取り入れるしかありません。

停滞期を乗り切るために運動をしたほうが良い場合もある

ダイエットには停滞期があります。順調に減っていた体重が減らなくなってしまった、少し増えてしまったという場合、停滞期になっているかもしれません。

ここで摂取カロリーを減らすとまた痩せることは期待できるのですが、できれば摂取カロリーを減らすのではなく、軽い運動を取り入れて消費カロリーを増やすとともに筋肉量を増やしてあげるほうがリバウンド防止にも繋がります。

運動は激しいものでなくても大丈夫です。軽い運動を10分行うだけでも良いですし、ストレッチを寝る前にする、起床後にヨガを行うなどでも良いです。無理なく自分が続けられる運動を少し取り入れるとまた体重に変化が出るかもしれません。

運動が苦手でも短時間なら続けやすいです。最近は動画サイトでトレーニング方法を紹介していたり、自宅で簡単にできるエクササイズが紹介されていますので、それらを活用してみると良いです。アプリを使っても良いですね。

健康的に痩せよう

置き換えダイエット食品を活用して健康的に痩せられるようにしましょう。

リバウンドしないためにも正しい方法で行って体型をキープしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です