置き換えダイエットの時の空腹感をコントロールする方法

置き換えダイエットにはダイエット食品やドリンク、酵素ドリンクなどが人気です。

ダイエットを成功させるには、いかに空腹感を抑えるかが成功の鍵となります。

ここでは空腹感を抑える方法を一つずつ見ていきます。

置き換えダイエットのアイテムの摂取法を工夫してみましょう

置き換えダイエットをする際に、最も人気があるのは酵素ドリンクです。酵素が足りていないと太りやすい体質になってしまうので、積極的に酵素を取り入れることで代謝をアップして痩せやすい体が期待できるのです。

酵素ドリンクを飲む際は、基本的に1日におちょこ一杯を食事のかわりに飲むことになります。ですが、さすがにおちょこ一杯だけの酵素ドリンクでは激しい空腹感に悩まされることになります。その際に、少しでも空腹感を感じずに済むように工夫することが大切です。

酵素ドリンクに炭酸水を混ぜてみたり、低脂肪の豆乳や牛乳を混ぜてみるとそれだけでもかなり腹持ちが良くなります。他にも、ダイエット食品を利用する場合には、例えばスープなら、中にしらたきなどノーカロリーの食品をさらに加えて、ボリュームをアップさせてから食べるといった工夫がおすすめです。

このように食品によって、腹持ちを良くする工夫をしていけば良いのです。

置き換えは夜にするのが楽

置き換えダイエットをする場合、空腹感が失敗の引き金になりますから、朝食や昼食で置き換えをするのはおすすめできません。というのも、1日のうちで活動時間である朝から昼にかけての食事を置き換えのドリンクや食品にしてしまうと、強い空腹感が出てきてしまいやすいからです。

その点では、夕食で置き換えダイエットをすれば、あとは寝るだけですから、なんとか空腹感をやり過ごすことは可能になります。

また、夕食を置き換えにすることによって、ダイエット効果も最も効率的に結果を出すことが期待できますから、様々な点でメリットが大きいと言えるでしょう。

置き換えダイエットで使用する食品やドリンクなど、どのようなアイテムであっても、夜を選んで実施すれば、ほぼ間違いなく短期間で満足のいくダイエット効果を期待することができます。

どうしてもお腹がすいてしまったら?

夕食で置き換えダイエットをして、一時的にはお腹が一杯になったとしても、実際に口にしている量は、やはり少ないため置き換えダイエットに慣れていないころは特に空腹感が我慢できないという人も多いようです。

どうしてもお腹が空きすぎてしまうと、その後安眠することもできませんね。そういう時にはどうすれば良いのか。

答えは、カロリーの無いものを食べて空腹感をしのぐようにしましょう。

カロリーの低いものでお腹を満たすことができるのは、例えばかんてんデザートのようなものです。かんてんは100グラムにつきカロリーは3kcalですから、かなり低い食品です。

さらに糖質もゼロなのでダイエットには最適なアイテムなのです。商品としてもかんてんゼリーなども販売されていますから、こういったものを活用すると良いかもしれません。

もちろん自分でかんてんパウダーを購入して、コーヒーなどで好みのかんてんゼリーを作って冷蔵庫にたくさん用意しておけば、いつでも罪悪感なしでお腹を満たすことができるのは嬉しいですね。

かんてん以外では、ところてんなども、かんてんと同じぐらいのカロリーですし、お腹も一杯になりますからとてもおすすめです。

まとめ

以上が、置き換えダイエット時に悩まされることの多い空腹感への対応策でしたがいかがでしたか。

これらは、自分なりに色々試してみて、最終的に自分にぴったりの方法を見つけるのが一番です。いかに楽しく、おいしく、置き換えダイエットを続けて理想のボディをゲットするかがダイエット成功のカギとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です